ゲーム

最初のパソコンゲームは、東風荘でした。

 

お金も掛からず、ネット環境さえあればできるというのが、大変魅力でした。

 

それまでは、ソフトを買ってゲームするかゲーセンで遊ぶかでしたからね。

 

この東風荘、見知らぬ相手と対戦できる事が、当時としては凄く斬新でした。

 

それまでのゲームといえば、コンピューター相手か対戦型かでした。

 

全然知らない相手としかも会話しながらゲームできるなんて、凄い時代になったものだと思いましたね。

 

今では全然普通の事ですけどね。

 

そういう意味では、トランプとか花札やボードゲームから家庭用ゲーム機に進化したのと同じぐらい画期的な出来事でした。

 

最初は夢中になり、数時間ずっとやっていた事もあります。

 

今では、ヤフモバゲー等のソーシャルゲームのプラットフォームからも行えますけどね。

 

ちなみに、最近は、麻雀より大富豪とかをしていますね。あとラビリンスバインドとかのオンラインゲームもしています。

 

そうそう、この東風荘で便利だったのは、友達と同じ卓に入れば、牌がなくても遊べるという事でした。

 

牌がないと寂しいとか雰囲気が出ないとかありますが、学校とかで遊ぶ時には、凄く便利でしたね。

続きを読む≫ 2015/01/15 07:13:15

スマホゲームと言えば、パズドラが思い浮かびます。

 

正式名称は、パズルアンドドラゴンであり、パズルをしながらドラゴン(敵)を倒していくという単純なゲームです。

 

アイテム等も多いですが、無課金でもそれなりに遊べる要素が、参加人口を増やし、そして、評判になっていったと言われています。

 

これは、大ブームというか大ヒットでした。

 

これの発売元であるガンホーの株価も急上昇しました。

 

ゲームというのは、すぐに飽きられるものですが、長い間大ヒットしているのは、とても凄い事に思います。

 

その理由として、アップデートが上手だと言われています。

 

かつてほどの勢いはありませんが、それでも国内のスマホゲームナンバー1に君臨し続けるのは、凄い事です。

 

最近では、モンスターストライクもヒットしました。

 

ガンホー同様、ミクシィの株価も大上昇しました。

 

スマホゲーム自体、過当競争時代と言われていますが、やはり、大ヒットすると凄く儲かるので、当分、飽和市場のまま推移すると思います。

 

最近では、サービス終了して撤退するスマホゲームも増えてますけどね。

 

私の現在のオススメは恋ヶ崎女学園です。

続きを読む≫ 2015/01/14 07:13:14

公園とかで小学生ぐらいの子供達が集まっています。

 

ちゃんとサッカーボールやゴムボール、バット等も持参しています。

 

いつの時代も子供達は変わらないなと安心します。

 

と、ところがです。オススメゲーム→いちゃらぶトリニティ

 

ベンチに座ってみんな仲良く携帯ゲームをしているではないですか。

 

何も喋らず、黙々とゲームをしています。

 

これが、現代の子供達なのです。

 

子供は素直です。

 

一番楽しい事をします。

 

電車とかに乗っていて、公園の光景を見ても、やはり同じです。

 

ある意味、凄く贅沢な選択に思います。

 

自分達の時代にも似たような事がありました。

 

それは、ゲームボーイの発売でした。

 

ほとんどが、テトリスをやっていましたね。

 

今思うと、現在のパズドラが似たような現象なのかもしれません。

 

だから、スマホ世代の中学生。高校生になると、携帯ゲームでなくスマホいじりになるのでしょう。

 

正直、小さい子供にスマホを持たせるのは不安です。

 

しかし、携帯ゲーム機なら安心です。

 

ゲームボーイより一回りも二回りも小さくなったけど、高性能になっていますね、最新の携帯ゲーム機は。

続きを読む≫ 2015/01/12 07:11:12

近頃では、シリーズものとして展開されているゲームのタイトルが、数多く見受けられるようになり始めているのではないでしょうか。10年以上にわたり続編が販売されているゲームも複数あるため、固定的なファンが定着する動向もしばしば見受けられているのではないでしょうか。絶大な人気を誇るゲームタイトルは、このような続編の販売が長期間にわたり続き、ひとつのシリーズとして確立されるとされる傾向が強くなっているのではないかと思います。

 

このような特徴のあるゲームは、幅広い年代の人々からの支持を恒常的に集めているのではないかと推測されています。また、新規にプレイする人にとっても注目されるものであり、シリーズの途中からでも楽しく遊ぶことができるように配慮がなされていると言えるでしょう。今後はこのようなゲームが一層増加していくものとみられているため、新たなシリーズもののゲームには高い関心が寄せられるようになるのではないでしょうか。

 

PR:ドラゴンプロヴィデンス

続きを読む≫ 2015/01/12 07:10:12